WiMAXを利用するうえで必要不可欠なプロバイダ。

一口にプロバイダといってもさまざまな事業者が存在し、それら全てを網羅して比較することは簡単ではありませんよね。

そこで今回は、特に人気のプロバイダ7社を比較しながら、どのようなポイントに注意して選ぶべきか解説していきます。

この記事を読めばピッタリのWiMAXがわかるはずです。

WiMAXを契約までの選び方

まずはWiMAXのプロバイダを選ぶうえでのポイントとなる事柄をいくつかご紹介していきましょう。

ポイント

  1. 7GB or ギガ放題プランを決める
  2. ルーター機種は最新がおすすめ
  3. プロバイダを比較する

今回は多くのプロバイダに共通していえる3つのポイントに絞って解説します。

1.7GB or ギガ放題プランを決める

WiMAXのプロバイダの多くは月間のデータ容量が7GBまで上限が決まっているプランと、上限がないギガ放題のプランが用意されています。

自宅はもちろん、外出先や勤務先でもインターネットを利用する場合は、7GBのプランでは上限に達してしまう可能性が大きいです。

月額料金も大きく変わらないため、ギガ放題プランを選択したほうが快適にインターネットが利用できることでしょう。ちなみに、契約後であっても料金プランを変更することは可能です。

2.ルーター機種は最新がおすすめ

料金プランを決めたら、WiMAXルーターの端末を決めましょう。今回は比較の一例としてW06とWX05という2つの機種を取りあげてみました。

  w06 wx05
機種 W06 WX05
発売時期 2019年1月 2018年11月
最大速度(下り) 867Mbps 440Mbps
最大速度(上り) 75Mbps 75Mbps

上記比較表からも分かる通り、発売時期がわずか2ヶ月しか変わらないにもかかわらず、下り最大速度はW06のほうがはるかに速いことが分かります。

WiMAXのルーター本体はできるだけ最新機種を選択したほうがより長く使い続けることができるでしょう。

3.プロバイダを比較する

3つ目のポイントが、プロバイダの比較です。プロバイダによって大きく変わるのは、キャンペーンの内容です。

キャンペーン内容

  • 月額料金の割引
  • 現金や商品券などのキャッシュバック特典
  • 端末代金の割引

など、プロバイダ各社はさまざまな手法でユーザーを獲得しようとキャンペーンを展開しています。

キャッシュバック特典は一定の期間利用し続けた後で特典を受けられる権利が発生しますが、受け取りの手続きを忘れるユーザーも多いです。

そのため、月額料金の割引特典を選択したほうが受け取り忘れを防ぐことができます。

WiMAXプロバイダ7社の比較表

  実質月額 3年トータル費用
GMO WiMAX 3,351円 120,660円
Broad WiMAX 3,671円 132,176円
So-net WiMAX 3,602円 129,700円
BIGLOBE 3,602円 129,700円
カシモWiMAX 3,768円 135,668円
@nifty WiMAX 3,441円 123,890円
UQ WiMAX 4,428円 159,428円

※1.3年トータル費用…初期費用3,000を含めた計算です
※2.実質月額…3年トータル費用÷36ヶ月での計算です

数あるWiMAXプロバイダの中から、いくつか代表的なプロバイダの違いが分かるように比較表を作ってみました。月額料金の安さやキャンペーン内容、キャッシュバック金額などはプロバイダによって大幅に異なります。

総合的に見てどのプロバイダがお得であるかはトータルの負担金額を比較することで分かります。先ほども軽く触れましたが、契約特典としてキャッシュバックを選択してしまうと、特典の受け取りを忘れてしまう可能性もあります。

確実に特典を受け取るのであれば、GMOとくとくBBの月額割引がおすすめです。

おすすめのWiMAXプロバイダ7社

WiMAXの代表的なプロバイダ7社を比較してみましょう。

1.GMOとくとくBB WiMAX

GMO WiMAX

実質月額:3,351円

★クリックで料金プランを開きます

 

GMOとくとくBB
WiMAX
ギガ放題プラン
(月額割引)
7GBプラン
(月額割引)
ギガ放題プラン
(キャッシュバック)
7GBプラン
(キャッシュバック)
端末代 無料  無料 無料 無料
初期費用 3,000円  3,000円 3,000円 3,000円
月額料金 1~2ヶ月目 2,170円
3~36ヶ月目 3,480円
37ヶ月目以降4,263円
1~2ヶ月目  2,170円
3~36ヶ月目 2,690円
37ヶ月目以降 3,609円
1~2ヶ月目 3,609円
3~24ヶ月目 4,263円
25ヶ月目以降4,263円
1~24ヶ月目 3,609円
25ヶ月目以降3,609円
実質月額 3,351円 2,605円 3,419円 2,802円
1年あたり実質 40,220円 31,266円 41,036円 33,624円
3年間総額 120,660円 93,800円 123,110円 100,874円
キャッシュバック 5,000円(W06選択)
※12ヶ月目に受け取り
5,000円(W06選択)
※12ヶ月目に受け取り
32,050円(W06選択)
※12ヶ月目に受け取り
32,050円(W06選択)
※12ヶ月目に受け取り

最大36,100円のキャッシュバック特典があるGMOとくとくBB WiMAX。端末代金0円で初期コストも安く、月額費用も抑えられます。

トータル的に見て一番お得なプロバイダを選びたいという方におすすめです。また、初期契約解除制度も用意されているため、万が一電波の状態が悪くても安心です。

こんな方におすすめ

  • 高額キャッシュバックを受け取りたい
  • 月額料金が安くてトータル費用もお得が良い
  • 万が一の時のために違約金不要があると安心

2.Broad WiMAX

Broad WiMAX

実質月額:3,671円

★クリックで料金プランを開きます

 

Broad WiMAX ギガ放題プラン 7GBプラン
端末代 無料 無料
初期費用 3,000円 3,000円
月額料金 1~2ヶ月目 2,726円
3~24ヶ月目 3,411円
25ヶ月目以降4,011円
1~25ヶ月目 2,726円
26ヶ月目以降 3,326円
実質月額 3,671円 3,052円
1年あたり実質 44,058円 36,635円
3年間総額 132,176円 109,906円
キャッシュバック なし なし

Broad WiMAXは乗り換え割引が充実しており、他社WiMAXからの乗り換えの際に最大19,000円までの違約金をBroad WiMAXが負担してくれるキャンペーンを実施しています。

さらに端末代金も全機種0円となっており、初期費用を抑えることもできます。

こんな方におすすめ

  • 月額料金の安さを重視する方
  • キャンセル無料、乗り換え制度など安心を求める方

3.So-net WiMAX

So-net WiMAX

実質月額:3,602円

★クリックで料金プランを開きます

 

So-net WiMAX ギガ放題プラン 7GBプラン
端末代 無料 無料
初期費用 3,000円 3,000円
月額料金 開始月     0円
1~36ヶ月目 3,620円
37ヶ月目以降4,379円
開始月      0円
1~36ヶ月目 3,020円
37ヶ月目以降 3,695円
実質月額 3,602円 3,019円
1年あたり実質 43,233円 36,233円
3年間総額 129,700円 108,700円
キャッシュバック なし なし

SONYが提供しているWiMAXプロバイダのSo-net。大手ならではの充実したサポート体制で、安心できるのではないでしょうか。

また、月額料金が契約期間中で変更となることがなくシンプルで、分かりやすいことも大きなメリット。2年10ヶ月目以降であれば機種変更も可能であるため、長く利用する前提で考えるとおすすめのプロバイダです。

So-net WiMAXは以下のような方におすすめのプロバイダです。

こんな方におすすめ

  • 月額料金がシンプルでわかりやすい
  • 2年10か月目以降に機種変更ができる

WiMAXプロバイダの比較表にもどる

4.BIGLOBE WiMAX

BIGLOBE WiMAX

実質月額:3,602円

★クリックで料金プランを開きます

 

  ギガ放題プラン
(月額割引)
ギガ放題プラン
(キャッシュバック)
7GBプラン
(月額割引)
7GBプラン
(キャッシュバック)
端末代 無料 無料 無料 無料
初期費用 3,000円 3,000円 3,000円 3,000円
月額料金 開始月     0円
1~36ヶ月目 3,620円
37ヶ月目以降4,380円
開始月     0円
1~2ヶ月目 3,695円
3ヶ月目以降4,380円
開始月      0円
1~36ヶ月目 2,975円
37ヶ月目以降3,695円
開始月     0円
1ヶ月目以降3,695円
実質月額 3,602円 3,470円 2,975円 2,842円
1年あたり実質 43,233円 41,643円 35,708円 34,108円
3年間総額 129,700円 124,930円 107,125円 102,325円
キャッシュバック なし 30,000円
※12ヶ月目に受け取り
なし 30,000円
※12ヶ月目に受け取り

固定インターネット回線のプロバイダとしても長い歴史を誇るBIGLOBE。月額料金の安さはもちろんですが、大手ならではの手厚いサポート体制も魅力のひとつ。

また、WiMAXプロバイダとしては珍しく口座振替払いにも対応しており、クレジットカードを持っていない方も契約可能です。

また、キャンペーンは月額料金からの割引とキャッシュバック特典の好きなタイプを選択できます。

こんな方におすすめ

  • 料金の安さとサポートも重視している
  • 万が一の時のために、違約金不要が良い

5.カシモWiMAX

カシモWiMAX

実質月額:3,768円

★クリックで料金プランを開きます

 

カシモWiMAX 新端末プラン
(ギガ放題)
最安級プラン
(ギガ放題)
新端末プラン
(7GB)
最安級プラン
(7GB)
端末代 無料 無料 無料 無料
初期費用 3,000円 3,000円 3,000円 3,000円
月額料金 1ヶ月目 1,380円
2〜24ヶ月目 3,580円
25ヶ月目以降 4,079円
1ヶ月目 1,380円
2〜24ヶ月目 3,480円
25ヶ月目以降 4,079円
1ヶ月目 1,380円
2〜24ヶ月目 2,980円
25ヶ月目以降 3,379円
1ヶ月目 1,380円
2〜24ヶ月目 2,880円
25ヶ月目以降 3,379円
実質月額 3,768円 3,704円 3,151円 3,088円
1年あたり実質 45,222円 44,456円 37,822円 37,056円
3年間総額 135,668円 133,368円 113,468円 111,168円
キャッシュバック なし なし なし なし

月額料金の安さを重視する方にはカシモWiMAXがおすすめ。WiMAXプロバイダのなかでも低価格な月額料金で利用でき、さらに充実したサポート体制も大きな魅力。

大々的なプロモーションを行っているプロバイダではありませんが、多くのユーザーから支持を獲得しています。

端末代金無料、初月の月額料金も無料で利用できるため、イニシャルコストをできるだけ安く抑えたい方にもマッチするプロバイダではないでしょうか。

こんな方におすすめ

  • サポートや評判も重視している
  • 初期契約解除ありで安心して契約したい

6.@nifty WiMAX

@nifty WiMAX

実質月額:3,448円

★クリックで料金プランを開きます

 

@nifty WiMAX ギガ放題プラン 7GBプラン
端末代 1円 1円
初期費用 3,000円 3,000円
月額料金 開始月     0円
2~3ヶ月目 3,420円
4ヶ月目以降4,100円
開始月    0円
2ヶ月以降 3,420円
実質月額 3,448円 2,818円
1年あたり実質 41,380円 33,816円
3年間総額 124,140円 101,450円
キャッシュバック 30,000円
※12ヶ月目に受け取り
30,000円
※12ヶ月目に受け取り

※月額料金に加えて、@nifty基本料金250円の加入が必須です。

@niftyも固定インターネット回線のプロバイダとしても有名なプロバイダです。契約特典のキャンペーンとしては、3万円分のキャッシュバックもしくは月額料金から毎月700円を36ヶ月間割引する特典を選択できます。

auスマートバリューmineにも対応しているため、auユーザーで月額料金を抑えたい方には最適なプロバイダといえるでしょう。

こんな方におすすめ

  • 高額キャッシュバックを簡単に受け取りたい
  • 電話サポートの評判も重視している

7.UQ WiMAX

UQ WiMAX

実質月額:4,428円

★クリックで料金プランを開きます

 

UQ WiMAX ギガ放題プラン 7GBプラン
端末代 3,800円 3,800円
初期費用 3,000円 3,000円
月額料金 1~3ヶ月目 3,696円
3ヶ月目以降 4,380円
3,696円
実質月額 4,428円 3,801円
1年あたり実質 53,142円 45,618円
3年間総額 159,428円 136,856円
キャッシュバック 0~1,3000円
※5ヶ月目に受け取り
0~1,3000円
※5ヶ月目に受け取り

UQ WiMAXの特徴はなんといっても実店舗を構えている点が挙げられます。大手携帯電話キャリアほど多くのショップはありませんが、大型のショッピングセンターや家電量販店にはUQ WiMAXのブースが構えられていることが多いです。

多くの店舗は新規契約以外対応していませんが、それでも対面で担当者と会話ができるという点においては安心できるのではないでしょうか。他のプロバイダに比べて月額料金は割高になってしまいますが、サポート力を重視する方にとっては最適なプロバイダといえそうです。

こんな方におすすめ

  • 割高になってでも安心のサポートを求める方

WiMAXを契約する前に知りたい疑問

WiMAXを契約するうえで、次のような疑問はありませんか?

  • WiMAXと固定回線どっちが向いてる?
  • WiMAX通信エリアの確認方法
  • WiMAXのルーター機種を比較したい
  • WiMAXの通信速度は?最大1.2Gbps
  • 3日で10GB以上消費すると通信制限にかかる
  • WiMAXとLTE回線の違い
  • ハイスピードエリアモードって?

なかでも多くのユーザーが悩みがちな代表的なポイントをご紹介しましょう。

どっちが向いてる?WiMAXと固定回線を比較

  WiMAX 固定回線(フレッツ光)
月額料金 2500円程度~ 4500円程度~
開通工事 不要
すぐに利用できる
2週間~1ヶ月程度  
メリット ・自宅以外でも利用できる
・端末が届いたその日から使える
・引っ越し手続きが不要
・月額料金が安い
・ネットワーク回線が安定している
・通信量に制限がない  
デメリット ・データ通信量に制限あり ・自宅内でしか使えない
・開通まで1ヶ月以上かかる場合も多い
・引っ越し手続きが必要
・月額料金が高め
おすすめな人 ・家と外でもネットを利用
・転勤、引っ越しが多い
・月額料金を抑えたい
・室内のみで利用かつ、
 大量のデータ通信する人

従来はインターネット回線といえば固定回線が多く利用されていましたが、最近ではWiMAXをはじめとしてモバイルインターネット回線が進化。

固定回線と遜色がないほど多くのメリットが得られるようになりました。そのため、徐々に固定回線からWiMAXへ切り替えるユーザーも増えてきています。

WiMAXプロバイダの比較表にもどる

WiMAX通信エリアの確認方法

WiMAXの通信可能エリア

WiMAXを契約前にぜひ確認しておきたいのが、サービスエリアです。WiMAXのプロバイダ各社ではサービスエリアマップを公開しており、地図上から対応エリアについて確認できます。

現在WiMAXのメインで使用されている電波の種類は「WiMAX2+」とよばれるもので、高速で安定したネットワーク品質を誇ります。

自宅や職場など、頻繁にインターネットを利用する場所の住所を登録し、ピンポイントエリア判定で検索することも可能です。サービスエリアマップよりも詳細なエリア判定が可能であるため、ぜひ契約前に確認しておきましょう。

ちなみに、WiMAXのエリア判定が「✕」や「△」の場合、そのまま契約してしまうと初期契約解除制度の対象外となってしまう可能性もあるため注意が必要です。

WiMAXのルーター機種を比較

持ち運びと自宅用のWiMAX

次にWiMAXのルーター本体の性能を比較してみましょう。今回は代表的な3機種を取り上げてみました。W06、W05はモバイルWiFi端末、HOME L02は自宅内に固定して利用するホームWiFi端末です。

  w06 w05 l02
  W06 W05 HOME L02
最大速度(下り) 867Mbps 708Mbps 867Mbps
最大速度(上り) 75Mbps 75Mbps 75Mbps
本体重量 125g 131g 436g
サイズ 128×64×11.9mm 130×55×12.6mm 93×178×93mm  

上記の比較表からも分かる通り、持ち運びを重視するのであればW06がおすすめです。

宅内のみ(置くだけWiFi)で固定で使用する前提であれば、バッテリー残量を気にする必要のないHOME L02がおすすめといえるでしょう。

WiMAXプロバイダの比較表にもどる

WiMAXの通信速度は最大1.2Gbps

WiMAXプロバイダの多くは高速インターネットをセールスポイントとして訴求していますが、最大速度は光回線以上の1.2Gbpsを誇ります。

ただし、このスピードは都市圏を中心に一部地域のみで提供されているものであり、地方ではこれよりもスピードは低下します。

しかし、それでも一般的なインターネットの使い方においては必要十分な速度といえるでしょう。

  WiMAX2+ WiMAX LTE
ダウンロード最大速度 440Mbps
一部地域では最大1.2Gbps
13.3Mbps 75Mbps

3日で10GB以上消費すると通信制限にかかる

スマホ

WiMAXプロバイダの多くはデータ容量無制限のギガ放題プランを提供していますが、じつは完全に無制限というものではありません。

3日間で10GB以上のデータ通信量に達した場合、夜間に速度が1Mbps程度に制限されてしまいます。

実際のところ10GBというデータ容量を聞いてもピンとこない方も多いと思いますが、以下を目安にしていただけると分かりやすいかと思います。

10GBのデータ通信量目安
WEBページ閲覧 約25,000ページ
Twitter 約30,000ツイート
YouTube標準画質 約33時間
YouTube高画質 約16時間
Netflix高画質 約10時間

ネクストモバイルは3日で10GBの制限なし

ネクストモバイル

3日間で10GBのデータ容量制限は多くのWiMAXプロバイダが共通して設定しているのですが、唯一ネクストモバイルというプロバイダのみは3日間で10GBの制限が設けられていません。

しかしその代わりに1ヶ月あたりのデータ容量が20GB、30GB、50GBと定められており、料金プランもそれぞれ異なります。

このようなデータ容量の制限は、多くのユーザーが大量にネットワーク回線を使用しパンクさせないようにするための対策でもあるため、固定回線のように完全に無制限にするというプランは今のところ実現が難しいといえるでしょう。

WiMAXとLTE回線の違い

LTEハイスピードプラスエリアモード

WiMAXのエリア確認の際に出てくるLTEという文言があります。携帯電話キャリアが使用している電波としてもおなじみのLTEですが、じつはWiMAXではauのLTE回線も利用できます。

ただしLTEはWiMAXと違い月間で利用できるデータ容量が7GBまでと決まっています。

WiMAXの端末でWiMAXとLTEの電波を切り替えることができるのですが、この切替作業を忘れていると、あっという間にLTE回線が7GBに達してしまうため注意が必要です。

特に地方へ行った際にWiMAXからLTEへ切り替えた際に起こりがちなトラブルです。くれぐれも電波の切り替え忘れのないようにしましょう。

ハイスピードエリアモードって?

ハイスピードエリアモードとはWiMAX2+の通信として使用する通信モードのことを指します。もっともメインで利用するWiMAX電波といっても良いでしょう。

通信モードはWiMAX端末側で変更でき、ハイスピードエリアモードのほかにハイスピードプラスエリアモードもあります。

ハイスピードプラスエリアモードはauのLTEを併用したネットワークのため、月間7GBの上限があります。

WiMAXプロバイダの多くが提供しているギガ放題とは、このハイスピードエリアモード内での通信に適用されると考えておきましょう。

WiMAX比較ポイントまとめ

WiMAXを契約するうえでプロバイダ選びは避けて通れません。プロバイダによって提供している料金プランやキャンペーン、特典なども異なり、使い方に合ったプロバイダを選択する必要があります。

また、サポート体制や手続きの簡単さも選ぶうえでの大きなポイントとなることでしょう。

多くのWiMAXプロバイダは実店舗を構えていないため、ユーザー自らが情報収集を行い、自分に合ったプロバイダを考えたうえで選択する必要があります。

WiMAXに対応したプロバイダは多数ありますが、今回ご紹介した7社はそのなかでも特に人気のあるプロバイダです。

月額料金の安さで選ぶのか、キャッシュバックなどの特典で選ぶのか、またはサポート体制で選ぶのかなど、それぞれのニーズにマッチした事業者を選定するための参考にしていただければ幸いです。

WiMAXプロバイダの比較表にもどる

更新日:

Copyright© ポケモバ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.