光回線

auひかりの評判がわかる!口コミと合わせて解説

auひかり

auスマホユーザーなら一番気になる光回線「auひかり」は、ユーザーからどのような評判を得ているのでしょうか?この記事を読むと、次のようなポイントが分かります。

  • auひかりの基本情報
  • auひかりの評判・口コミ
  • auひかりのメリット・デメリット
  • auひかりをお得に申し込む方法

auひかり公式サイトでは分かりづらい内容を、シンプルに分かりやすく解説します。au携帯電話ユーザーの方はぜひ参考にしてみてくださいね。

auひかりの基本情報

まずはauひかりについて、次の基本的なポイントを案内します。

ポイント

  1. 料金
  2. エリア
  3. 回線

auひかりの料金

戸建てで申し込める「ホーム1ギガ」プランの料金は以下の通りです。

ホーム1ギガ ずっとギガ得プラン ギガ得プラン 標準プラン
契約期間 3年 2年 なし
新規登録手数料 3,000円 3,000円 3,000円
月額料金(ネットのみ) 5,100円(1年目)
5,000円(2年目)
4,900円(3年目以降)
5,200円 6,300円
契約解除料(更新月以外) 15,000円 9,500円 なし
新規回線工事費 37,500円
(60回分割払いで実質無料)
auひかり電話(オプション)料金 500円/月

auひかり設備導入済みのマンションで申し込める「お得プランA」料金は下記の通りです。月額料金は建物によって3,400円~4,100円となります。

契約縛りのない標準プランは月額料金こそお得プランAと同じですが、「おうちトラブルサポート」が月額400円の有料オプションになります。

お得プランA V8/G8 V16/G16/
都市機構DX/都市機構G
マンションギガ E8 E16
月額料金
(ネットのみ)
4,100円 3,800円 4,050円 3,700円 3,400円
契約期間 2年間
新規登録手数料 3,000円
契約解除料
(更新月以外)
7,000円
新規回線工事費 30,000円(24回分割払いで実質無料)
auひかり電話料金 500円/月
無料オプション おうちトラブルサポート(通常400円/月)

 

おうちトラブルサポートとは?
日常生活におけるトラブルに応急対応してくれるサービスです。電話一本で、キッチン・洗面所・トイレ・お風呂・エアコン・建具・カギ関連の、部品交換や特殊対応が不要かつ30~60分程度で作業できる範囲であれば、無料対応となります。実費が発生する場合は、作業に取り掛かる前に見積もりを提示してもらえるので安心ですよ。

まずはauひかりのエリア検索をしよう

auひかりを検討しているのなら、申し込むかどうかは別にして最初に提供エリアをチェックしましょう。

もし、お住いの場所がauひかりに対応していないエリアや建物なのであれば検討しても意味がないので、まずは対応しているかどうかハッキリさせるわけです。

auひかりがサービス提供している都道府県は、eo光・コミュファ光の提供エリアを除く全国となっています。これらの光回線とauひかりは提携しており、互いにエリアが干渉しないようにしているんです。

  • eo光の提供エリア(大阪府、京都府、兵庫県、滋賀県、福井県、和歌県)
  • コミュファ光の提供エリア(愛知県、静岡県、岐阜県、長野県、三重県)

お住いの建物がauひかりに対応しているかどうかはauひかり公式サイトで確認できます。郵便番号を入力し住居タイプを選択するだけで判明します。(マンションの場合、建物名が表示されなければauひかりに非対応)

auひかりは独自回線だから速い

au以外の大手キャリアが提供する光回線(ドコモ光・SoftBank光)はNTTフレッツ光回線を使用しますが、auひかりはフレッツ光ではなく次のような独自回線を使用しています。

  • KDDIが敷設した光ファイバー網
  • ダークファイバー(NTTの敷設した利用されていない光ファイバー)

auひかりがフレッツ光回線より速い理由は、この独自回線にあります。NTT東西が提供するフレッツ光回線は、NTTと直接契約しているユーザーに加えて、何十もの光コラボ(各プロバイダーがフレッツ光回線を利用してサービスを一括提供するモデル)を通しても沢山のユーザーを抱えています。

そのため回線混雑が起きやすく、時間帯によってインターネット速度が大きく低下する現象がよく見られます。しかしauひかりは独自回線で、ユーザー数もある程度ゆとりがあるため、速度低下もほとんどありません。

au以外のキャリアでもauひかりに申し込める

auひかりは、ドコモやソフトバンク携帯電話のユーザーでも申し込むことができます。携帯料金の割引こそありませんが、通信速度の速さや安定性を重視するなら魅力的な選択肢といえます。

そもそも携帯料金の割引といっても、条件が色々あったり結局たいして安くならない場合もあるので、スマホ割だけで判断しないようにしましょう。

auひかりの評判

auひかりユーザーはどのような評価をしているのか、最新口コミを調べてみました。そうすると、次のような評判が見えてきました。

多かった評判

  • 通信速度がとても速い
  • スピードが速いぶん料金は高め
  • 代理店のキャッシュバック特典がうれしい
  • サポートは親切丁寧で助かる
  • 解約費用がかなり高い

これから「通信速度」「料金」「サポ―ト」「解約」「代理店」別にユーザー口コミを紹介していきます。

通信速度の口コミ

auひかりの平均速度は、およそ下り270Mbps・上り230Mbpsと非常に速く優秀です。下記の表では、auひかりで選べるプロバイダーごとの平均速度を比較しました。

最速プロバイダーのSo-net(ソネット)はSONY系列のプロバイダーとして、サービス品質も安心といえるでしょう。

auひかり 下り通信 上り通信
全体の平均速度 271Mbps 237Mbps
プロバイダー:So-net 313Mbps 278Mbps
プロバイダー:@nifty 298Mbps 255Mbps
プロバイダー:ASAHIネット 282Mbps 268Mbps
プロバイダー:au one net 276Mbps 235Mbps
プロバイダー:GMOとくとくBB 270Mbps 186Mbps
プロバイダー:BIGLOBE 245Mbps 214Mbps

参照:みんなのネット回線速度(2020年6月時点)

比較ポイント
ある光回線(またはプロバイダー)が本当に速いかどうか知るためには、実際にインターネットを利用する際に出たスピード(実効速度)を比べることが大事です。上記の比較表は、通信速度レポートサイト「みんなのネット回線速度」に寄せられた数万件のデータを元に割り出された実効速度の平均を比較しています。

プラス評価の声

auひかりの通信速度が非常に速いのは、インターネットユーザーの中で常識になっています。上でも解説したとおり、フレッツ光回線と違い独自回線を使用しているのが速さの秘けつ。

通信量が多いオンラインゲームでも、auひかりなら快適に遊ぶことができます。

ただ、マンションの場合はタイプによって最大速度が大きく異なります。タイプV対応マンションだと、下り最大100メガとかなり遅くなるので注意しましょう。下記の口コミでもそのことが分かりますね。

マイナス評価の声

auひかりの通信速度が遅いという声は少ないですが、通信障害についての口コミはチラホラ見かけます。これはauひかりだけの話ではありません。

2020年にはコロナウイルスによる外出自粛やテレワークの急増によって、すべての光回線で通信障害や速度低下が発生しています。かえって、auひかりはNTTフレッツ光系の光回線に比べトラブルが少ないといえます。

料金の口コミ

auひかりが安いという声はあまり見かけませんが、興味深いのは料金に不満の声もほとんど無いということ。速度に満足しているため、月額料金が多少高くても気にならないようです。

速度が遅くてもいいからコスパ重視という人は、auひかりよりフレッツ光系の光コラボのほうがいいかもしれません。でも、速度が何よりも大事というテレワーカーやゲーマーなら、auひかりはおすすめです。

キャッシュバックの口コミ

auひかりを契約するなら、数万円という高額キャッシュバックがもらえる代理店から申し込むのがお得になります。もちろんキャッシュバック額の大きさだけでなく、信頼できる代理店から申し込むのも大事。

安心して申し込める代理店は記事後半で紹介するので参考にしてください。

サポートの口コミ

auひかりのサポートについては、オペレーターの対応が親切で分かりやすい、仕事が速く的確など、かなり高く評価されています。KDDIはユーザーサポートに力を入れていることが分かりますね。

面白いのが、auひかりと同じく速度が速いNURO光はサポートの評判が芳しくなく、サポートを重視してauひかりを選ぶ人もいるということ。速さとサポート品質のどちらも求めるなら、auひかりで間違いないといえそうです。

解約の口コミ

上の口コミにもあるように、auひかりの解約時に解約費用がかなり高額になる場合もあります。特に、戸建て向けホーム1ギガプランだと、回線撤去工事費として28,800円(税抜)が必ず発生します。

さらに、契約更新月以外で解約する際にかかる違約金、工事費の残債も上乗せされると、解約費用が大きく膨らんでしまうわけです。auひかりに申し込むなら、引越しの予定が当分ないのを確認するといいでしょう。

代理店の口コミ

auひかりをお得に申し込む方法は代理店から申し込むことです。そうすることで、au公式特典・プロバイダー特典・代理店特典と、お得度を最大にすることができます。

ただし口コミにもあるように、勧誘の電話をしてくる代理店は残念ながら評判が良くありません。そのため、販売実績があり信用できる正規販売代理店の公式サイトから申し込むといいでしょう。

ユーザーに好評のNEXT(ネクスト)という正規販売代理店については、記事後半で紹介しています。

【まとめ】auひかりの評判

auひかりユーザーの評判をまとめると次のようになります。

高評価

  • 通信速度がとても速い
  • サポート品質が優れている
  • キャッシュバック額が大きい

低評価

  • 解約費用が高い
  • サポート電話に繋がりにくい

口コミを調べると、auひかりユーザーは全体的に満足していることが窺えました。何よりも通信速度が安定して速いということ、そしてNURO光よりもサポートが優れているというところに注目できます。

auスマホを使っていてもいなくても、auひかりは検討するのに十分値する光回線といえるでしょう。

auひかりのメリット

auひかりの7つのメリットについて具体的に見ていきましょう。

メリット

  1. 通信速度が最速クラス
  2. キャッシュバックが高額
  3. 他社から乗り換え費用30,000円まで負担
  4. 工事費は実質無料
  5. auスマホ料金が割引
  6. セキュリティーサービス無料
  7. 訪問サポート無料

1.通信速度が最速クラス

auひかりの最大のメリットはやはり通信スピードの速さでしょう。下記の平均速度ランキング(全国規模の光回線に限る)において、auひかりはNURO光につづく堂々の2位となっています。速度を何よりも重視するのであれば、auひかりは有力な選択肢といえますね。

光回線サービス 平均速度
(下り)
平均速度
(上り)
1位 NURO光 347Mbps 336Mpps
2位 auひかり 271Mbps 238Mbps
3位 excite MEC光 199Mbps 190Mbps
4位 DMM光 198Mbps 152Mbps
5位 ソフトバンク光 189Mbps 137Mbps
6位 J:COM NET光 185Mbps 116Mbps
7位 So-net光プラス 183Mbps 160Mbps
8位 enひかり 181Mbps 243Mbps
9位 IIJmioひかり 180Mbps 156Mbps
10位 ビッグローブ光 171Mbps 147Mbps

参照:みんなのネット回線速度(2020年6月時点)

2.キャッシュバックが高額

auひかりはプロバイダーのキャッシュバックに加えて、正規代理店から申し込むと代理店独自のキャッシュバックも貰えます。合計すると、最大5万円程度のキャッシュバック額が手に入るわけです。

光回線の料金に充てても良し、気になっていたアイテムを購入するも良し・・・。何に使うか考えるだけでも楽しいですよね。

なお、キャッシュバックが振り込まれる時期はプロバイダーや代理店によって異なります。できれば、申込みから数ヵ月以内に振り込まれるところを選ぶといいでしょう。

ポイント
キャッシュバックよりも月額料金が割引されるほうがいいなら、プロバイダーGMOとくとくBBの公式ページから申し込むのがおすすめです。月額料金は戸建て4,000円~、マンション2,600円~とかなり安くなり、加えて最大20,000円キャッシュバックも付きます。

3.他社から乗り換え費用30,000円まで負担

auひかり公式特典として、他のネット回線⇒auひかりに乗り換え時に発生する解約違約金をKDDIが最大30,000円まで負担してくれます。他社に乗り換えたいけど、違約金が気になって踏み込めないという人でも、auひかりなら気軽に乗り換えられますよ。

4.工事費は実質無料

auひかりを新規契約すると、初期費用として回線工事費が発生します。ただ実際には、契約を一定期間継続することで工事費相当額が割引されます。

具体的には、戸建て37,500円(-625円×60ヵ月)、マンション30,000円(-1,250円×24ヵ月)が実質無料となります。auひかりを長く利用するつもりなら、工事費はタダになると考えていいでしょう。

5.auスマホ料金が割引

auひかりは「auスマートバリュー」対応なので、ネット+光電話の併用でauスマホ料金が永年割引されます。割引額は、スマホ料金プランごとに500円~2,000円/月となっています。家族でauユーザーであれば、お得感が高まりますね。

6.セキュリティーサービス無料

プロバイダーにもよりますが、インターネットセキュリティーサービスが最初の1年間は無料になる特典もあります。

たとえばSo-netなら、カスペルスキーセキュリティ(通常500円/月)が1年間無料に。5台まで使用可能なので、パソコンやスマホなどのセキュリティ対策に活用しましょう。

7.訪問サポート無料

これもプロバイダーによりますが、So-netとBIGLOBEは訪問による設定サポートが無料。初めて光回線に申し込んだ人、パソコンの設定やメカに弱いという人でも、専門スタッフが来て設定してくれるのなら心強いですよね。

auひかりのデメリット

auひかりにデメリットはあまりありませんが、強いて挙げるとすれば次の3つです。

デメリット

  1. エリア・建物によっては申込み不可
  2. 解約費用が高くなる可能性がある
  3. auスマホ割引は光電話加入が必須

1.エリア・建物によっては申込み不可

auひかりに申し込めるエリアは、全国90%以上で申し込み可能なNTTフレッツ光回線に比べると狭くなります。関西・東海エリアでは提供していないほか、提供エリア内であってもauひかりを導入していないマンションが多いのも事実。

まずは、導入を検討している物件がauひかりに対応しているかエリア検索をしてみましょう。

2.解約費用が高くなる可能性がある

将来的にauひかりを解約することを考えた場合、解約費用が高額になってしまう可能性も頭に入れておく必要があります。

特に戸建ての場合、解約時に必ず請求される回線撤去工事費28,800円+違約金15,000円(更新月以外の解約時)+工事費残債(60ヵ月以内に解約時)が発生します。

それと比べて、マンションプランであれば違約金7,000円(更新月以外の解約時)+工事費残債(24ヵ月以内に解約時)と、解約ハードルは下がります。

3.auスマホ割引は光電話加入が必須

auスマートバリューを適用してauスマホ料金を割引してもらうには、オプションの光電話加入(月額500円)が必須です。固定電話を使わない家庭だと、無駄に毎月500円払わないといけません。

とはいえ、家族みんながauスマホを使用しており、スマホ料金が毎月数千円割引されるのなら加入して損はないでしょう。

auひかりの一番お得な申し込み方法

一番お得な申し込み方法は、auひかり正規販売代理店から申し込むことです。以下のように全ての特典を受け取ることができるからです。

  • auひかり公式特典(乗り換え費用負担、工事費実質無料)
  • プロバイダー特典(キャッシュバック、訪問サポート無料、セキュリティ対策無料)
  • 販売代理店特典(キャッシュバック、ルータープレゼント)

代理店を比較するポイント

auひかり代理店を選ぶ際、以下の条件を満たしている代理店を選ぶといいでしょう。

  • キャッシュバック合計額が40,000円超
  • キャッシュバック申請手続きは電話で完了
  • オプション加入不要
  • キャッシュバック入金は申込みから最短1~2ヶ月後
  • 販売実績がありKDDIから表彰されている
  • ユーザー口コミが高評価

以上の条件を全て満たしている正規代理店NEXT(ネクスト)から申し込むのがおすすめです。KDDIから何度も感謝状を授与されていることからも、NEXTは信用できる販売代理店ということが分かるでしょう。

申し込み手続きの流れ

auひかりに申し込む流れは以下の通りです。

代理店から申し込む(キャッシュバック重視)

  1. NEXT公式サイトにアクセス
  2. 「WEB申し込み」をクリック
  3. 申込みフォームを入力する
  4. 折り返し電話があり手続きを進める
  5. 回線工事の実施
  6. インターネット開始

【まとめ】auひかりはどんな人におすすめorおすすめじゃない?

この記事をまとめると、auひかりがおすすめな人・おすすめじゃない人は次のようになります。

おすすめの人

  • インターネットは速度が大事
  • サポート品質も重要
  • 利用用途はテレワークやオンラインゲームが主
  • ネットを利用する同居家族が多い
  • 家族みんなauスマホユーザー
  • 引っ越す予定は当分ない

おすすめじゃない人

  • コストパフォーマンスが一番大事
    ⇒フレッツ光系の光コラボを検討
  • 住所がauひかりに対応していない
    ⇒他のネット回線を検討
  • インターネットはあまり使わない
    ⇒格安SIM・WiMAXを検討
  • 引越しの予定がある・可能性がある
    ⇒解約縛りがない光回線を検討
  • 外出先でもネット接続したい
    ⇒WiMAXを検討

解決しない場合はキーワード検索

ピックアップ

1

2020年に入ってテレワーク(在宅勤務)を取り入れる会社が急増しています。初めてのテレワークで不安な方もいることでしょう。 この記事では次のような疑問を解決します。 「テレワークするのに必要なものって ...

2

テレワークに欠かせないのがネット環境ですよね。でも次のような疑問が生じるかもしれません。 「テレワークするなら光回線とモバイルWiFiどっちがおすすめ?」 「一時的な在宅勤務用に短期で使えるネット回線 ...

3

「WiMAXの契約先が多すぎてわかりにくい…」 「どこで契約したらお得なの?」 たくさんのWiMAXプロバイダがあるため、それら全てを比較することは簡単ではありませんよね。 「ひと目で料金の違いがわか ...

4

動画配信サービスの評判 動画配信サービスの解約方法

-光回線

© 2020 ポケモバ Powered by AFFINGER5