WiMAXプロバイダ7社を完全比較!2019年5月キャンペーン情報

ポケモバ

その他

【徹底解説】iPhoneのWiFiが切れるときの対処法8選!

更新日:

スマホ

「iPhoneのWiFiが突然繋がらなくなり、ネットを使えずに困っている…」
「WiFiが急に切れたということは、iPhoneが壊れてしまったのかな…」

と悩んでいるあなたへ。WiFiの接続が勝手に切れてしまうと、ネット環境に詳しくない方にとっては、どうしたらいいかわからず不安になったり、思い通りにネットを使えずイライラしてしまいますよね。

今回は、iPhoneのWiFiが切れるときの8つの対処法をご紹介いたします。冷静に対処することで、すぐに改善できる可能性もあるので、1つずつ実践していきましょう。

iPhoneのWiFiが切れる原因

「WiFiが切れてしまった」という現象だけでは、原因を特定することはできませんが、iPhoneのWiFi接続が切れてしまう主な理由として、下記の3つの問題に関わっていることが多いです。

3つの原因

  1. iPhoneの問題
  2. WiFiルーターの問題
  3. アプリの問題

例えば

  • iPhoneがWiFiに繋がらない設定になっている
  • WiFiルーターが通信障害を起こしている
  • 特定のアプリに不具合が起きたため、そのアプリだけがネットに通じない

など、理由はさまざまです。しかし、こちらで紹介したものは、それぞれの問題の1例にすぎません。そのため、iPhoneの問題の中にも考えられる原因はいくつかあります。

Twitterで通信障害について調べる

ただ1つ言えるのは、
「今まで普通に使えていたのに急にWiFiが切れてしまった」という状況であれば、故障の可能性は低いということです。

その場合WiFiが切れてしまう引き金をひいたのは、長時間の使用による不具合や、間違っておこなってしまった設定、電波が届きづらい環境など、一時的な問題だといえるでしょう。あなたの操作により、一瞬で解決することできるかもしれません。

それでは、どこに問題があるのかを突き詰めていくために、これから紹介する8つの解決法で順に探っていきましょう。

iPhoneのWiFiが切れる時の8つの対処法

スマホとWiFiイメージ

これから対処法を説明していきますので、設定の変更や再起動などを行った後には、必ず「WiFiに繋がるようになっているか」を確かめてください。改善していない場合は、次のステップへ進んでいきましょう。

8つの対処法

  1. 別の機器がWiFiに接続できるか確認する
  2. iPhoneが機内モードになっていないか確認する
  3. iPhoneのWiFi接続をON/OFFする
  4. iPhoneを再起動する
  5. WiFiルーターを再起動する
  6. WiFiルーターに近づく
  7. ネットワーク設定をリセットする
  8. IPアドレスを手動で指定する

1.別の機器がWiFiに接続できるか確認する

はじめに、あなたのiPhoneに問題があるのか、それともWiFiルーターに問題があるのかを調べていきます。方法は、パソコンやiPad、家族のiPhoneなどの別の機器から、WiFiを利用できるかどうかを確認することです。どれも問題なく繋がるのであれば、あなたのiPhoneに原因がある可能性が高いので、引き続き2の対処法を試してみてください。

また、どの機器も繋がらない場合は、WiFiルーターの問題が考えられます。先に5の対処法から実践していきましょう。

2.iPhoneが機内モードになっていないか確認する

気づかないうちに機内モードになっていた場合、あなたのiPhoneはネット利用ができない設定になっています。このケースでは、機内モードを解除することで改善するでしょう。

方法は簡単です。まず、iPhoneのホーム画面を、1本指で下から上になぞると、簡単な設定画面があらわれます。飛行機マークがオレンジ色になっているときは、機内モードがONになっているので、マークに1度触れてOFFにしましょう。

3.iPhoneのWiFi接続をON/OFFする

iPhoneのWiFi接続が不安定なときは、ON/OFFをしてネットの通信状況を安定させることができます。手順としては、まず、2で説明した機内モードの近くに、電波が上へ広がっていくようなWiFiのマークがあるので、そちらを1度触ってみてください。

背景の青色が消えたら、OFFになっています。続いて、もう1度触りONにすることで、再び接続することができます。通信障害が起きていた場合は、この方法により電波が通じるようになるので、改善するでしょう。

4.iPhoneを再起動する

iPhoneに問題がある場合、簡単にできる解決法の最終手段として、iPhoneの再起動があげられます。

再起動により、WiFiが切れるなど問題が起きる前の状態に、リセットできる可能性が高いです。(※データが消えるなどの心配はありません。)

方法としては

  1. 電源ボタンを長押しする
  2. 「スライドで電源をオフ」の電源マークをスライドて、電源をOFFする
  3. 画面が真っ黒になったら、もう1度電源ボタンを長押しする

以上で、再起動は完了します。

5.WiFiルーターを再起動する

WiFiを長い時間利用し続けた場合、WiFiルーター本体への負荷が大きくかかります。それにより、通信速度が遅くなったり、動作が不安定になるなどの問題に繋がるので、1度WiFiルーターの電源を再起動することおすすめします。

再起動の方法はルーターにより異なりますが、下記の方法があります。コンセントを抜くときは、10秒あけてから差し込まないのと効果がないので、注意してください。

  • 設定画面の「再起動」ボタンに触れる
  • ついている場合はWiFiルーター側面の「再起動」ボタンを押す
  • わからない場合は直接コンセントを抜く

6.WiFiルーターに近づく

WiFiルーターから離れた場所にいると、WiFiの電波が届きづらいため、突然iPhoneのネット接続が切れてしまうことがあります。

その場合は、電波の発信源であるルーターの近くで、iPhoneを利用するとよいでしょう。ネットの通信状況も安定し、より使いやすくなるので、ぜひ試してみてください。

7.ネットワーク設定をリセットする

ネットワークの設定をリセットすることで、WiFi接続が復活する可能性があります。下記の手順で、進めていくと完了です。

手順

  1. 「設定」↓
  2. 「一般」↓
  3. 「リセット」↓
  4. 「ネットワーク設定をリセット」↓
  5. パスワードを入力する(設定している場合)↓
  6. 「ネットワーク設定をリセット」↓

8.IPアドレスを手動で指定する

IPアドレスとは、データを受信したり、送信したりするための住所のことをいいます。どうしてもWiFiに繋がらないときの最終手段として、IPアドレスを手動で指定する方法があります。

WiFi側に問題がある場合は、高い確率で改善するでしょう。ただ、IPアドレスを指定する場合はWiFiに繋がっている別の機器が必要になります。

手順としては、そちらの機器から

  • WiFiの設定画面からネットワーク名の横にあるiボタンをタップする
  • 4つ並んでいる3桁の数字である「IPアドレス」をメモする

次にあなたのiPhoneから

  1. WiFiの設定画面をひらく
  2. 同じようにネットワーク名の横にあるiボタンをタップする
  3. DHCP、BootP、静的と並んでいる中で「静的」をタップする
  4. IPアドレスの欄に先ほどメモをした数字をいれる
    ※4つめの最後の数字だけ、メモをした数字以外の1〜10までのどれかを選んで入力する
  5. 左上にあるWiFiをタップして接続する

という流れで、ネット利用を再開できるはずです。少し大変ですが、「あなたのiPhoneだけがWiFiに繋がらない…」というときには、有効的な手段です。

どうしても改善しなければお店に問い合わせしよう

どうしても8つの解決法でも改善しないときは、iPhoneに内蔵されているWiFiのアンテナが壊れているなど、iPhone本体が故障している可能性があります。

ご自身で改善できる範囲ではないので、まずはアップルストアに問い合わせてみましょう。保証期間内でiPhoneの外観や内部に破損・水漏れがなければ、無償で本体を交換したり、修理するなどの解決策を教えてくれます。

実際にiPhone本体を見てもらうまでは、原因を突き止めることができないので、近くにアップルストアや家電量販店がある場合は、直接持ち込んでみるのもよいでしょう。

頻繁にiPhoneのWiFiが切れるならネット環境を見直そう

「iPhoneを快適に使いたいのに、頻繁にWiFiが切れてしまう…」そんな状態では、映画や音楽を楽しんでいても、いつ接続がとぎれてしまうのか気になって仕方がないですよね。

その度にストレスを感じたり、8つの解決方法を試すのは、あなたの貴重な時間がもったいないです。根本的に解決するためにも、いっそのことネット環境から見直してみることをオススメします。

通信が安定しているWiMAXにする

WiMAX2

数あるWiFiサービスの中でも、『WiMAX』は通信が安定しています。高画質の動画をスムーズに見れるほど、ネットを快適に使えますし、通信エリアも広く、価格も安いと評判です。

また、持ち運ぶこともできるので、通信を安定させるためにWiFiルーターに近くづくといった手間を省くことができます。よっぽどのヘビーユーザーでない限りは、速度制限もかからないので、心地よいネット生活を送れるのが魅力的です。

ポケットWIFIをやめて格安SIMにする

ポケットWiFiから『格安SIM』に変更することで、ネット環境を改善する方法もあります。ちなみに格安SIMとは、スマホの端末にいれるICカードのことです。大手3大キャリアよりも通信費が安いという特徴があるため、乗り換えを検討している人もたくさんいます。

契約するカードにより、使える電波が異なるので、安定しているネット回線を選べるメリットがあります。選ぶポイントとしては、高速データ通信である4Gを提供しているかどうかを確認してみてください。

光回線にする

光回線を設置するための工事を行うことや、家にいるときにしか利用できないというデメリットを気にしない方には、1番安定していて通信速度が速い『光回線』がオススメです。十分な通信速度であるWiMAXよりも約2倍速いため、快適なネット環境を実現できます。

また、家族など使用する人が何人いても、それぞれが大容量の通信をしても、安心です。スマホやモバイル回線のような通信制限はいっさいないので、思う存分楽しむことができます。

1人暮らしであれば、フットワークの軽いWiMAXや格安SIM、家族で使うのであれば、光回線にすることで、満足のいくネット環境を整えることができるでしょう。

まとめ

手順のおさらい

  1. 別の機器がWiFiに接続できるか確認する
  2. iPhoneが機内モードになっていないか確認する
  3. iPhoneのWiFi接続をON/OFFする
  4. iPhoneを再起動する
  5. WiFiルーターを再起動する
  6. WiFiルーターに近づく
  7. ネットワーク設定をリセットする
  8. IPアドレスを手動で指定する

iPhoneのWiFiが切れてしまっても、落ち着いて対応すれば改善することが多いです。

ネットに詳しくない方は、不安やイライラすることもあると思いますが、冷静に1つずつ試してみて、解決に向かいましょう。また、根本的にネット環境を見直すことで、今回のような問題を未然に防ぐことができます。

何度もWiFiが切れてしまうことで悩んでいる方は、ぜひ取り入れてみてください。快適なネット生活を送れるよう、できることから工夫していきましょう。

-その他

Copyright© ポケモバ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.