コラム

YouTubeの広告をブロックする方法

youtube

YouTubeの広告はとても邪魔ですよね。広告があることで、動画が見づらく感じる人も多いでしょう。

  • 動画の途中に広告動画が入って邪魔
  • 動画内の文字に広告がかぶさって邪魔
  • 邪魔ではないけどない方が見やすい

YouTubeは広告が収益になっているので、仕方ない部分でもあります。しかし見る側としてはどうにか広告を消したいですよね。

この記事ではYouTubeの広告を消す方法を紹介します。「YouTubeだから仕方ない」と諦めていたなら、一度広告を消す方法を試してみてください。

YouTubeの広告を消す方法はいくつもあります。広告を消して快適にYouTubeを楽しみましょう。

YouTubeの広告が邪魔に感じる人は多い

男性

「YouTubeの広告なんて仕方ないじゃん」と諦めている人も多いでしょう。とは言っても邪魔なものは邪魔です。実際に、YouTubeの広告を邪魔に感じている人はこんなにもいます。


一例として上記の口コミを紹介しましたが、まだまだ邪魔に感じている人は多くいました。動画にかぶさる広告にスキップ出来ない広告動画など、 広告への不満はとても多いです。口コミにもあるように、何度も広告が邪魔になると逆に購買意欲を失ってしまいますよね。

YouTube広告の種類

youtube

YouTubeの広告は1つではありません。YouTubeを見ていると、さまざまな広告を目にしたことがあるはずです。まずはそれぞれの広告種類を知っておきましょう。主に表示される広告は4つです。

  • インストリーム広告
  • オーバーレイ広告
  • インサーチ広告
  • インディスプレイ広告

広告の呼び方は多少異なる場合がありますが、基本は上記の4つになります。

インストリーム広告

インストリーム広告は、YouTube広告お馴染みの5秒動画。動画をクリックした後に冒頭5秒の広告が流れ、5秒後にスキップできる広告ですね。近年ではスキップされることを前提として、5秒でおさまる広告もあります。

5秒我慢すれば良いだけですが、時間のない時にはたったの5秒も無駄にしたくありません。「見たい」と思って動画をクリックしたのに、冒頭に広告動画流れると、テンションが下がってしまうでしょう。

中にはスキップできないタイプの広告動画や、6秒間スキップできない「バンパー広告」などもあります。

オーバーレイ広告

オーバーレイ広告は、動画画面下に表示される広告です。大体画面の20%ほどの領域に表示されます。表示されるタイミングはランダムで、長い動画の場合は1動画につき5回以上も表示されるので、とても邪魔です。

広告の右上にある✕ボタンを押せば消えますが、何度も表示されると面倒に感じるでしょう。また、テロップや字幕付きの動画の場合、オーバーレイ広告のせいで文字が隠れてしまい、とても見づらいです。

インサーチ広告

インサーチ広告は、検索結果欄やおすすめ動画最上位欄に表示される広告です。動画を見る上で邪魔にならないので、それほど気にならない人も多いでしょう。ただ、動画を検索した時、一番上に表示されるのはやはり邪魔です。

動画横の説明文を読めば広告だとわかりますが、検索した動画だと思い、誤ってクリックした経験もあるでしょう。

インディスプレイ広告

インディスプレイ広告は、関連動画の上に表示される広告です。視聴してるコンテンツと関連性の高い動画が表示されます。インサーチ広告同様、動画の邪魔にはならないので、そこまで気になりません。

関連動画やおすすめ動画をよく漁る人にとっては、邪魔に感じるでしょう。

YouTube広告をブロックする方法

男性

YouTubeの広告をブロックする方法は3つあります。3つの中から自分に合った方法を選んでください。ブロックする方法の中には、有料のものもあります。わざわざお金をかけてまで広告を消したくない場合は、無料の方法を選びましょう。

主な方法は以下の通り。

有料の場合でも、無料お試し期間がついてるものがあるので、まずは無料から試してみるのも良いでしょう。

AdBlockPlusを使う

adblockplus

AdBlockPlusは、YouTubeだけではなく、さまざまな広告をブロックしてくれる無料拡張機能です。主な機能は3つ。

  • サイトの広告ブロック
  • ソーシャルボタンの無効化
  • トラッキングの無効化

基本的な広告はブロックしてくれますが、中には適用されないサイトもあります。また、AdBlockPlusを使うことで、サイト自体が表示されなかったり、デザインが崩れて見にくくなる場合もあるので注意しましょう。

ブロック機能はワンクリックでON/OFFの切り替えが可能なので、場合によって使い分けてください。

利用者の口コミを調べたところ、実際にYouTubeが快適に見れている人も多いです。


利用可能ブラウザは6種類。ほとんどのブラウザに対応しているので、基本的にはどんな人でも使えます。

  • Mozilla Firefox
  • Google Chrome
  • Safari
  • Opera
  • Internet Explorer
  • Vivaldi

上記以外のブラウザを利用してる場合は、一度上記のブラウザをインストールしてください。今回は利用率の高い3つのブラウザでの導入方法を解説します。

Chromeでの導入方法

  1. Chromeウェブストアにアクセス
  2. 拡張機能「AdBlockPlus」を追加
  3. 権限を確認されたら「拡張機能を追加」をクリック
  4. タスクバーに「AdBlockPlus」が表示されていれば無事インストール完了

Firefoxでの導入方法

  1. FireFoxの「ADD-ONS」にアクセス
  2. 拡張機能「AdBlockPlus」を追加
  3. 権限を確認されたら「拡張機能を追加」をクリック
  4. タスクバーに「AdBlockPlus」が表示されていれば無事インストール完了

safariでの導入方法

  1. Safariのメニューバーから「Safari」
  2. 「Safari拡張機能」を選択
  3. AppStoreから「AdBlockPlus」を検索して入手
  4. インストール完了後「Launch Safari Preference」をクリック
  5. Safari の環境設定画面が開いたら「ABP Control Panel」「ABP」のチェックボックスを選択
  6. 導入完了

AdGuardProを使う

adguardpro

AdGuardProはiPhoneやandroidでも使える広告ブロックアプリです。広告ブロックはもちろん、アダルトコンテンツもブロックしてくれます。また、どんなブラウザでも適用可能。いくつかのブラウザを利用している場合は、AdGuardProを適用するブラウザと、適用しないブラウザで分けても良いでしょう。

口コミを見ても、YouTube広告がしっかりブロックされているのがわかります。


無料版もありますが、基本的には有料です。まずは無料版で試してみてから、購入を検討しましょう。iPhoneにandroid、mac、windows、全てに対応しています。

YouTube Premium会員になる

youtubepremium

簡単にYouTube広告を消したいなら、YouTubePremium会員になるのも良いでしょう。YouTubePremiumは、月額1,180円で以下の特典が受けられます。

  • 広告なし
  • 動画ダウンロード
  • YouTubeMusicやGooglePlayMusicの料金が含まれる
  • YouTubeオリジナルコンテンツが再生可能
  • YouTubeのアプリでバックグラウンド再生可能

月額1,180円で、広告なしだけではなく、これほどの特典が受けられるのはお得です。実際にYouTubePremiumを利用している人もどんどん増えています。


アプリや拡張機能を使うのも良いですが、細かい設定が分からない場合はYouTubePremiumも検討してみましょう。

YouTube広告を消す危険性

男性

YouTubeの広告を消せるのは、見る側にとっては良いことばかりですよね。動画の邪魔にもならず、快適に動画を楽しめます。しかし広告を消すと、近い将来デメリットとなる可能性もあるのです。

YouTubeは広告収益で成り立っているサービスなので、広告が表示されなくなれば、その分収益が発生しなくなります。収益が発生しなくなれば、他の部分で収益を出さなければいけません。

つまり、YouTubeに関連するどこかで利益を生むか、YouTubeに関連するどこかで費用を削るかの対策が必要になります。YouTubePremiumで課金システムを作った背景も、収益の減少が関係しているかもしれません。

広告を表示させてクリックすることは、YouTubeを快適に楽しむための未来に繋がります。以下で特に危険視されてる可能性を解説するので、理解した上で広告ブロックを考えてください。

YouTubeが有料になる可能性

YouTubeで広告収益がとれなくなれば、YouTubeそのものが有料になる可能性が出てきます。現在YouTubePremiumで課金システムを導入していますが、まだ課金者は多くありません。YouTubePremiumで収益が見込めなければ、今度はYouTubeそのものが有料になってもおかしくはありません。

全ての動画が有料にならないとしても、人気動画などは有料になる可能性も考えられるでしょう。

YouTuberがいなくなる

広告収益は、YouTuberの収益にも関わってきます。YouTuberの利益はほとんどYouTubeの広告収益です。広告を表示させなくなれば、YouTubeにCMを出す企業も減ります。CMがなくなれば、当然YouTuberへの収益もなくなってしまうでしょう。

どれだけYouTubeに動画をアップしても、収益にならないと感じれば、YouTuberがいなくなる可能性は十分にあります。広告を表示させ、時にクリックすることは、YouTuberの応援に繋がるのです。

まとめ

スマホ

今回紹介した方法で、YouTubeの広告は消せます。どうしても邪魔な広告を消したい場合は、紹介した方法を試してみましょう。しかし広告を消す危険性でも解説した通り、あまりにも広告をブロックしてしまうと、将来的にYouTubeが有料になる可能性があります。

YouTubeを存続させつつ広告を消したいならば、YouTubePremiumになるのが良いでしょう。アプリや拡張機能は、いつバグが起こるかわかりません。その点から考えてもYouTubePremiumが一番おすすめです。

解決しない場合はキーワード検索

ピックアップ

1

2020年に入ってテレワーク(在宅勤務)を取り入れる会社が急増しています。初めてのテレワークで不安な方もいることでしょう。 この記事では次のような疑問を解決します。 「テレワークするのに必要なものって ...

2

テレワークに欠かせないのがネット環境ですよね。でも次のような疑問が生じるかもしれません。 「テレワークするなら光回線とモバイルWiFiどっちがおすすめ?」 「一時的な在宅勤務用に短期で使えるネット回線 ...

3

「WiMAXの契約先が多すぎてわかりにくい…」 「どこで契約したらお得なの?」 たくさんのWiMAXプロバイダがあるため、それら全てを比較することは簡単ではありませんよね。 「ひと目で料金の違いがわか ...

4

動画配信サービスの評判 動画配信サービスの解約方法

-コラム

© 2020 ポケモバ Powered by AFFINGER5