WiMAXプロバイダ7社を完全比較!2019年5月キャンペーン情報

ポケモバ

その他

【徹底解説】いちばんお得に外でインターネットをする方法をご紹介!

更新日:

ノートパソコンと男性の手

屋外でインターネットを利用するためにはいくつかの方法があります。無料で使えるインターネット回線も多いですが、セキュリティに不安を感じる方も少なくありませんよね。

そこで今回は、外でインターネットを使うための方法について、それぞれの特徴を詳しく解説していきます。

外でインターネットを使う3つの方法

出張先や旅行先など、屋外でインターネットを利用するためには大きく分けて以下の3つの方法があります。

  1. モバイルWiFiルーターを使う
  2. 公共無料WiFiを使う
  3. スマホのテザリングを使う

次のステップでそれぞれの役割や特徴を細かに解説していきましょう。

1.モバイルWiFiルーターを使う

屋外でのインターネットといえば、多くの方は真っ先にモバイルWiFiをイメージするのではないでしょうか。パソコンやスマホ、タブレットなど複数のデバイスを接続でき、自宅では固定回線の変わりにも活用できるインターネット専用端末です。大手通信キャリアはもちろん、多くのプロバイダや事業者が参入し、端末もバリエーションが豊富です。

2.公共無料WiFiを使う

公衆無線LANともよばれますが、コンビニやホテル、駅などに完備されたWiFiスポットです。WiFiを接続できる端末であれば無料で利用できますが、ダウンロードなど容量の大きい通信には向いていません。また、多くのWiFiスポットはセキュリティ対策も十分とはいえず、機密情報などをやり取りする場合には向いていません。

3.スマホのテザリングを使う

モバイルWiFiルーターと並んで高い利便性を誇るのがスマホのテザリング機能です。携帯電話をモバイルWiFiルーターのようにして利用できるため、スマホ1台を持ち運ぶだけで十分です。

モバイルWiFiルーター

モバイルルーター

モバイルWiFiルーターの機能やメリット・デメリットについてもう少し詳しく見ていきましょう。

モバイルWiFiルーターとは?

モバイルWiFiルーターの多くはポケットサイズの端末で、小型のディスプレイが付いている形状のものがほとんどです。ポケットWiFiとよばれることもありますが、これはワイモバイルの商標となっているため他社が名称として使用することはありません。

モバイルWiFiルーターの最大の特徴は、スマホの料金プランにはない通信容量無制限のプランが用意されている点です。スマホの場合、月あたり5GBや7GBといった容量制限が設定されていることがほとんどですが、モバイルWiFiルーターにはそのような制限がないプランもあります。

しかも、スマホに比べて料金は割安であるためコストパフォーマンスにも優れているといえます。また、自分以外のユーザーはモバイルWiFiルーターに接続できないためセキュリティ対策も万全。仕事やオンライン決済などを頻繁に利用するユーザーにはおすすめの方法です。

モバイルWiFiルーターのメリット

  • 通信容量無制限のプランで契約が可能
  • スマホと組み合わせることで料金の節約が可能なケースがある
  • 自分専用のネットワークのためセキュリティが万全
  • 自宅の固定回線の代わりとしても利用可能

モバイルWiFiルーターのデメリット

  • モバイルWiFiルーターの端末を持ち運ぶ必要がある

公共無料WiFi

FREE WiFi

次に公共無料WiFiの特徴やメリット・デメリットについて詳しく解説していきましょう。

公共無料WiFiとは?

レストランやコンビニ、駅など、街のあらゆる場所で利用可能な公共無料WiFi。その名の通り無料でWiFi接続が可能な場所です。モバイルWiFiやスマホのテザリングは携帯電話用のネットワークを利用しているのに対し、公共無料WiFiはその店舗内でしかWiFiに接続することができません。

また、不特定多数のユーザーが同時に接続するため速度も出にくいという特性があります。大容量のファイルをダウンロードする場合などは、特定のユーザーに帯域が占領されないように特別な設定がされているケースが多いです。そのため、あくまでもネットサーフィンやSNSを楽しむという用途がメインと考えておいたほうが良いでしょう。

ちなみに、公共無料WiFiの多くは利便性と引き換えにセキュリティ対策が手薄となっており、機密情報や個人情報を扱う通信には不向きです。カフェなどで仕事をしている姿を目にすることも多いですが、公共無料WiFiを利用することによって通信の内容が盗まれる可能性もゼロではありません。

公共無料WiFiのメリット

  • 無料で利用できる
  • 街で利用できる店舗が多い

公共無料WiFiのデメリット

  • 特定の場所でしか利用できない
  • セキュリティ対策が甘い

スマホのテザリング

スマホのテザリングイメージ

最後にご紹介するのがスマホのテザリングです。同様に特徴やメリット・デメリットを詳しくご紹介しましょう。

スマホのテザリングとは?

スマートフォンの通信機能のひとつであるテザリング。スマホをモバイルWiFiルーターのように利用するというものです。テザリングを利用するためには、所有しているスマホ端末がテザリングに対応していることが大前提となります。

また、通信キャリアによってはテザリング機能を提供するオプションに申込が必要であったりと、スマホを持っているからといって無条件にテザリングが利用できるというものではありません。また、スマホの料金プランの多くは1ヶ月あたりの通信容量が決められています。

テザリングを利用した場合も、当然この通信容量を消費することになるため使いすぎには注意しなければなりません。通信容量の制限という意味においては、スマホのテザリングよりもモバイルWiFiのほうが無制限で使い放題となっているためおすすめといえるでしょう。

しかし一方で、モバイルWiFiルーターは持ち運ぶ端末が1台増えることにもなるため、物理的な負担という意味ではスマホ1台で完結するテザリングが有利と考えることもできます。

スマホのテザリングのメリット

  • モバイルWiFiルーターを持ち運ぶ必要がない
  • 自分専用のネットワークのためセキュリティが万全

スマホのテザリングのデメリット

  • 通信容量の制限に注意しなければならない

外でインターネットを使うならWiMAX(モバイルWiFiルーター)がおすすめ!

ノートパソコンとWiMAXのWX05

モバイルWiFiルーターのなかにもいくつかの種類があることをご存知でしょうか。大手通信キャリアなどが提供しているモバイルWiFiルーターのほかに、WiMAXというサービスもあります。

WiMAXは通信容量が無制限

一般的に多くのモバイルWiFiルーターは通信容量の制限がありますが、WiMAXには無制限のプランも用意されています。さらに、WiMAXの料金は大手通信キャリアに比べて大幅に安価。

スマホのパケット定額プランを変更し、WiMAXと2台契約することで料金の節約を狙うこともできます。このように、他社のモバイルWiFiルーターとWiMAXを比較してみると、

  • 通信容量無制限のプランがある
  • 料金が格安

という2つのポイントが浮かび上がってきます。また、屋外でインターネットを楽しむためにはテザリングや公共無料WiFiといった手段もあります。

公共無料WiFiは利用できる場所が限られ、セキュリティ対策も十分とはいえないためメインで利用するには向いていません。テザリングについては、通信容量を浪費してしまい、いざというときにスマホで通信ができないという事態にもなりかねません。

そのため、屋外でインターネットを利用するには、今回ご紹介したなかでもモバイルWiFiルーターがおすすめであり、その中でも「WiMAX」が特に最適であるといえます。

【まとめ】快適に外でインターネットしよう!

カフェでノートパソコン

外出先でインターネットを利用する頻度は人によってさまざまです。それほど頻度の高くない方は公共無料WiFiでも十分だと思いますが、不便だと思う方は一度WiMAXを試してみてはいかがでしょうか。

多くのプロバイダーでは契約後一定期間であればキャンセルも可能です。使い心地を実感いただくことで、本当に使いやすいものが見えてくるはずです。

-その他

Copyright© ポケモバ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.