WiMAXのルーター機種

固定回線に最適なWiMAX端末「HOME L02」を選ぶメリットとデメリット

投稿日:

WiMAX Speed Wi-Fi HOME L02

WiMAXをはじめとしたモバイルWiFiサービスを、自宅用の固定インターネット回線として利用する人が増えはじめています。しかし、WiMAXを検討する際に頭を悩ませるのが端末選びです。数あるWiMAX端末の中から、どのような基準で選べば良いのか分からない人も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、自宅のインターネット回線として最適なWiMAX端末「HOME L02」についてメリットやデメリットを中心に詳しく紹介していきましょう。

WiMAX端末の選び方のポイント

まずはHOME L02のスペックや特徴を解説する前に、どのポイントに注意してWiMAX端末を選ぶべきなのか紹介していきましょう。

ポイント

  1. 利用場所で考える
  2. 自宅で利用するならコンセントからの直接給電
  3. 通信速度
  4. アンテナの感度と出力

今回は4つのポイントを挙げてみました。

1.利用場所で考える

持ち運びと自宅用のWiMAX

一口にWiMAX端末といっても、外で利用することを前提にした持ち運び型のタイプと、自宅内だけでの利用を前提にした据え置き型の2タイプがあります。

仕事や出張、旅行などで自宅以外の場所でインターネットを利用する機会が多い人であれば持ち運び型、自宅での利用がメインであれば据え置き型のタイプがおすすめです。

2.自宅で利用するならコンセントからの直接給電

自宅内で利用する場合に持ち運び型のタイプでも問題なくインターネットは接続できますが、充電しながら利用し続けるとバッテリーが劣化しやすくなってしまいます。

固定回線の代わりで利用する前提であれば、バッテリー搭載のモデルではなく、据え置き型のようにコンセントから直接充電できるタイプのほうがおすすめです。

3.通信速度

WiMAX端末によってサポートしている通信速度は変わってきます。据え置き型のWiMAX端末はいずれも高い通信速度をサポートしていますが、他のタイプを端末を選ぶ場合においても、可能な限り高速通信に対応している端末を選んだほうが長期間にわたって利用できるはずです。

また、その分コストパフォーマンスも高い傾向にあるのも事実です。さらには、選ぶ端末によってWiFi接続または有線接続の通信速度も異なるため注意しましょう。

4.アンテナの感度と出力

せっかくWiMAXの電波状況が良好で高速通信が可能であるにもかかわらず、自宅内でWiMAX端末とパソコンやスマートフォンの距離が離れていると通信速度は大幅に低下してしまいます。

そこで重要になるのが、WiMAX端末から発せられる電波の強さです。アンテナの感度や出力はWiMAX端末によっても異なりますが、一般的に据え置き型のほうが出力が高く、より広範囲に電波を飛ばすことができます。

WiMAX HOME L02はこんな人におすすめ

HOME L02の特徴やメリットをもとに、実際にどのような人におすすめの機種なのか、いくつかのパターンを挙げて紹介していきましょう。

1.引っ越しが多い人

HOME L02は回線設置工事が不要で、ルーター本体を移動させるだけで利用できるため、引っ越しが多い人にとっては最適な端末といえるでしょう。

引っ越しのたびに工事業者を呼んで工事作業を依頼するのも大きな手間であり、場合によっては工事がその都度かかってしまいます。時間とコストを最小限に抑えるためには、HOME L02は最適な選択肢といえるかもしれません。

2.一人暮らしの人

固定回線用のHOME L02ですが、家族共用で利用する場合は速度制限が不安になるものです。3日で10GBという制限は意外なほどあっという間に到達してしまうもの。家族複数人で利用するとなれば、なおさら速度制限のリスクは高まります。

しかし、一人暮らしであれば3日で10GBという容量はちょうど良く、安心して利用できることでしょう。

WiMAX HOME L02のスペックと特徴

それではここから、HOME L02のスペックや特徴を詳しく見ていきましょう。

HOME L02のスペック

HOME L02の主要スペックは以下の通りです。

下り最大速度 最大1Gbps
上り最大速度 最大75Mbps
重量 436g
本体サイズ 約93(W)×178(H)×93(D)mm
電源 コンセントからの直接給電
バッテリー非搭載
LAN規格 ▼5GHz帯
IEEE802.11ac/11n/11a
▼2.4GHz帯
IEEE802.11n/11g/11b

HOME L02の特徴

HOME L02はその名の通り自宅内でのインターネット環境構築を前提に設計された端末です。円筒形の端末で、バッテリーは内蔵していません。最大速度1.0Gbpsもの高速通信に対応しており、快適なインターネット通信が可能です。

高感度アンテナも搭載していることによって、広範囲にWiFiの電波を伝播できるため、部屋が離れていても十分利用可能です。

HOME L02の設定方法とよくある質問

WiMAX HOME L02を選ぶメリット

HOME L02を選ぶことでどのようなメリットがあるのでしょうか。

ポイント

  1. バッテリーの持ち時間を気にする必要がない
  2. 最大1.0Gbpsの高速通信
  3. 高感度アンテナを搭載
  4. 回線設置工事が不要

今回は4つのポイントにまとめてみました。

1.バッテリーの持ち時間を気にする必要がない

まず、HOME L02はコンセントからの直接給電のためバッテリーの持ち時間を気にする必要がありません。常に充電しながら使用してバッテリーが劣化することもないため、長期間にわたって利用し続けることも可能です。

2.最大1.0Gbpsの高速通信

HOME L02の最大通信速度は下り1.0Gbpsを誇り、WiMAX端末のなかでもトップクラスの通信速度となっています。動画やSNS、オンラインゲームなどにも十分対応でき、日常生活においての通常使用の範囲内であればほとんど問題ない速度をキープできるでしょう。

現時点では1.0Gbps対応のエリアは限られていますが、今後全国に対応エリアは広がっていく予定です。

3.高感度アンテナを搭載

HOME L02の本体は円筒形の形状をしていますが、内部には4本のアンテナが搭載されています。それぞれが高感度アンテナであり、あらゆる方向へ均等にWiFiの電波を届けているため、高品質なネットワークを実現しています。

マンションや一戸建てで部屋が複数ある場合であっても、十分なアンテナ出力を確保します。

4.回線設置工事が不要

固定回線と比較した際に、HOME L02は端末を移動するだけで利用できるため回線工事が必要ありません。

引っ越しが多い人や、学生で利用期間があらかじめ決まっている人などはおすすめです。また、当然のことながら引っ越した先で都度工事費を支払う必要もないため、コストの抑制にも繋がります。

WiMAX HOME L02のデメリット

HOME L02のメリットの一方で、デメリットはないのでしょうか。今回は唯一、HOME L02の弱点として考えられるポイントをご紹介します。

持ち運んで利用できない

これは決してデメリットと言い切れない部分でもありますが、もともとHOME L02は宅内での利用を前提としているため、当然のことながら屋外で利用することができません。

旅行先に持って行き、ホテルなどのコンセントに差し込んで利用することは可能ですが、WiMAXルーター本体のサイズも大きいため持ち歩きには適しているとはいえません。

コンセントがないと利用できないため、普段から持ち運んで利用することも難しいでしょう。

自宅用のインターネット回線として安定したパフォーマンスを発揮するHOME L02

今回ご紹介してきたHOME L02は、最大1.0Gbpsという高速通信が可能なWiMAXルーターです。

固定回線にも匹敵するほどの高いパフォーマンスを発揮し、抜群の安定性を発揮してくれることでしょう。また、回線工事等も不要で手軽に利用できるのもWiMAXならではの魅力のひとつ。

WiMAXをお得に契約したい方は、下記のWiMAXプロバイダを比較した記事も参考にしていただければ幸いです。

-WiMAXのルーター機種

Copyright© ポケモバ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.