WiMAX契約前の知識

WIMAXを無料でお試しするならTry WiMAXがおすすめ!注意点までご紹介

更新日:

Try WiMAX

スマートフォンやモバイルWiFiサービスは、契約後に電波が悪いからといって短期間で解約してしまうと高額な違約金や割賦残債を支払わなくてはなりません。

しかし、そのようなリスクのある契約に躊躇してしまうユーザーも少なくなく、各事業者も加入者数を増やそうとさまざまな取り組みを行っています。

そのなかでも注目を集めているのが「Try WiMAX」というもの。この記事では、Try WiMAXについて詳しくご紹介します。

WiMAXをお試しするならTry WiMAXがおすすめ

WiMAXの使い勝手や接続スピード、そして通信エリアなどを契約前に確認したいユーザーのためにTry WiMAXというサービスを提供しています。

そもそもTry WiMAXとはどのようなサービスなのか、詳しくご紹介しましょう。

Try WiMAXとは?

Try WiMAXとは、実際にWiMAXの端末を15日間無料でレンタルし、その使い勝手を試すことができるというサービスです。

WiMAXではWiMAX2+とauのLTEの電波の2種類を利用できますが、Try WiMAXでは当然両方の電波でテストが可能。実際にスマートフォンやパソコンなどのデバイスをWiMAXに接続し、インターネットの使い心地を試すこともできます。

また、自宅はもちろん、職場や普段よく足を運ぶお店などでも電波状況や接続スピードを試すことが可能です。

Try WiMAXのメリット

Try WiMAXでできること

Try WiMAXのメリットは、やはり正式な契約前にインターネット接続の状況を把握できることにあります。

接続エリアの広さや宅内の電波状況、そして接続スピードなどを実際のWiMAX端末を使って検証でき、契約前の不安を解消することができます。

また、レンタル期間も15日間とたっぷりあるため、自宅と職場だけではなく、週末を使って旅行にでかけたり、実家に帰省して電波状況を調べられる余裕があります。

WiMAXをはじめとした携帯電話ネットワークは、エリアマップ上は電波の状況が問題なかったとしても宅内環境が悪いケースも珍しくありません。

正式な契約をしてから電波状況の問題が発覚した場合であっても、一定期間が過ぎてしまうと高額な違約金が発生してしまうことがほとんど。そのようなトラブルも未然に防げることから、Try WiMAXを利用するメリットは大きいといえるのではないでしょうか。

Try WiMAXのデメリット

Try WiMAXは15日間

ユーザーにとってメリットの多いTry WiMAXですが、利用の仕方によってはデメリットとなり得ることもあります。そのなかの一つが、15日間という期間の制限です。

Try WiMAXには15日間の利用期間が定められていますが、WiMAX本体は必ず期間内に返却しなければなりません。

指定された日までの返却ができないと、違約金として22,000円〜22,750円が発生するため十分注意が必要です。また、端末を破損したり紛失した場合も同様に違約金が発生します。

Try WiMAXの申し込み時にクレジットカードの利用枠が確保され、何もなければ利用枠は解放されます。無料という言葉に釣られて申し込み、返却期限を忘れてしまうと高額な費用が発生するため、十分な注意が必要です。

Try WiMAXを利用するための条件

Try WiMAXを利用するためにはいくつかの条件があります。

ポイント

  1. 過去180日間以内にTry WiMAXの利用履歴がない
  2. 貸出機器の未返却履歴がない
  3. 本人名義のクレジットカードを登録すること

そのなかでも今回は3つのポイントをご紹介します。

1.過去180日間以内にTry WiMAXの利用履歴がない

過去半年以内にTry WiMAXの利用履歴があるユーザーは再度申し込みができません。

Try WiMAXを繰り返し利用可能にしてしまうと、半永久的に無料でインターネット回線を利用できることにもなるため、このような条件が付与されています。

2.貸出機器の未返却履歴がない

当然のことではありますが、過去にTry WiMAXを利用した際、貸出端末の未返却があったユーザーにもTry WiMAXの申し込みは無効となります。未返却のリスクを避けるための措置と考えられます。

3.本人名義のクレジットカードを登録すること

Try WiMAXは無料のレンタルサービスとはいえ、返却期限を過ぎた場合に違約金が請求となります。万が一、連絡がとれなくなった場合のリスクも考慮し、Try WiMAXを申し込んだ際には違約金分のカード利用枠が一時的に確保されます。

Try WiMAXの申込方法

Try WiMAXを利用するための手順を、3つのステップに分けてご紹介します。

1.サービスエリア範囲内か確認する

WiMAXのサービスエリアマップ

WiMAXではサービスエリアマップを公開しており、Try WiMAXを申し込む前に必ずサービスエリア内に入っているかを確認する必要があります。

サービスエリアマップはポイントによって「◯」「△」「×」の3つに分けられており、それぞれで意味が変わってきます。下記からピンポイントエリア判定を行うと結果がわかります。

「◯」のエリア内で利用する場合

ほぼ電波状況は良いと思われますが、自宅の中やビル内といった宅内環境が悪いケースもあります。仮にTry WiMAXを利用せずに申し込み、契約後に電波状況が悪かったとしても違約金が発生するケースもあるため、できればTry WiMAXを申し込み確認したほうが良いでしょう。

「△」のエリア内で利用する場合

「△」についても同様です。電波が安定しない場所であるため、事前にTry WiMAXを申し込み、状況を把握しておくことがおすすめです。

「×」のエリア内で利用する場合

最後に「×」の場合についてですが、そもそもこのエリアはWiMAXのサービス未提供地域であるため、WiMAXの契約はおすすめできません。ただし、auのLTEエリア内であればハイスピードプラスエリアモードも利用できるため、あらかじめ確認しておくのも良いでしょう。

2.仮登録をする

サービスエリアの確認ができたら、Try WiMAX申し込みのための仮登録を行います。UQ WiMAXの専用ページから「Try WiMAXのお申し込み」のボタンをクリックすると、重要事項説明とメールアドレス入力の画面に進みます。

ここで必要になるのが、パソコン用のメールアドレスと携帯電話用メールアドレスの2種類。もしも携帯電話用メールアドレスを持っていない場合は、WEBでの申込みではなく申込書に記入して郵送での申込みになります。

3.本登録をする

WEBでの仮登録が完了したら、パソコンのメールアドレス宛てに確認メールが到着します。

同時に携帯電話用メールアドレスには「確認コード」も到着するため、パソコンメールアドレス宛てに来たリンク先に飛んで確認コードを入力し、必要事項を記入すれば申し込み完了となります。

ちなみに、このときにクレジットカードの登録も必要になるため事前に準備しておきましょう。携帯電話用メールアドレスがなくWEBでの仮登録ができない場合は、書面での申込みとなります。

UQ WiMAXのホームページに公開されている「Try WiMAXレンタル申込書」へ必要事項を記入し郵送します。この場合もクレジットカードが必要となります。

Try WiMAXのセット内容

Try WiMAXの申し込みが完了すると、数日後いよいよWiMAX本体が到着し利用することができます。どのようなものが届くのか、あらためて確認しておきましょう。

すべて届いているかチェックする

Try WiMAXを申し込んだ後に届く端末一式は以下の通りです。

端末一式

  • WiMAX端末本体
  • 充電コード
  • つなぎかたガイド
  • 返却手順書
  • ゆうパック着払い伝票
  • キャンペーンDM

WiMAX端末本体と充電コード、つなぎかたガイドは通常のWiMAX契約の際にも届くセット品です。15日間の期限が過ぎる前に返却手順書をよく確認しておき、ゆうパック着払い伝票を使って期限内に必ず返却するようにしましょう。

Try WiMAXのネット接続方法

WiFi

Try WiMAXを申し込み、実際に端末が届いた後はWiMAXをスマートフォンやパソコンといったデバイスに接続して利用を開始しましょう。

WiMAX端末の設定項目のなかに「SSID」とパスワード情報が表示されるメニューがあります。スマートフォンやパソコン側のWiFi設定を開くと、WiMAX本体のSSIDが表示されているため、これを選択しパスワードを入力すると設定は完了します。

生活範囲内でいろいろお試しする

Try WiMAXの15日間という限られたレンタル期間をどのように活用すれば良いのでしょうか。まずは自宅内をくまなく回り、電波が不安定な場所がないかを確認してみましょう。

また、利用頻度が高いと思われる場所であるリビングや寝室などでは実際にブラウザを開いて速度を確認することがおすすめです。できればスピードテストを実行し、実効速度がどの程度なのか数字で把握しておくのが良いでしょう。

自宅での調査が終わったら、勤務先や電車の中など、1日の生活パターンのなかで問題なく使用できるかも併せて調べておきたいところ。特に大きなビル内や地下鉄など、局所的に電波が入りづらい場所もあるため注意が必要です。

Try WiMAXの返却方法

Try WiMAXの返却物

15日間のレンタル期間が終了する前に、Try WiMAXの端末一式を返却しなければなりません。どのような手順で返送すれば良いのか、具体的な返却方法を詳しく解説していきましょう。

佐川急便で返却する

Try WiMAXのレンタル期間が終了したら、WiMAXのレンタル端末一式は佐川急便で返送します。返却すべきものは、広告で入ってきたチラシ以外のものです。

返却する物

  • WiMAX本体
  • クレードル
  • 充電器・ケーブル
  • つなぎかたガイドマニュアル類一式

貸出端末と一緒に佐川急便の着払い伝票が同梱されているはずなので、そちらを箱に貼り付けて返送しましょう。

返却手続きが完了したらメールが届く

Try WiMAXの返却手続きを行った後、実際にUQコミュニケーションズに端末が到着すると、返却手続きが完了した旨のメールが届きます。

手続き完了のメールが到着するまで、宅配便の伝票控えは必ず取っておきましょう。万が一、宅配便業者の配送ミス等で到着が遅れた場合、伝票控えがあればユーザー側には落ち度がないことを証明することができます。

Try WiMAXをお試しするときの注意点

Try WiMAXを申し込んで利用する際にはどのようなポイントに注意すべきなのでしょうか。今回は3つのポイントに絞ってTry WiMAX利用時の注意点をご紹介していきます。

“実質”10日間ほどの無料レンタル

まずはレンタル期間についての注意ポイントです。UQコミュニケーションズのホームページには「15日間の無料レンタル」とありますが、ここまでご紹介してきたように15日間というのはUQコミュニケーションズから端末が発送され、戻ってくるまでのトータル日数となります。

仮に端末の到着に2日かかった場合、残り13日間のなかで実際に利用して返却させなければなりません。UQコミュニケーションズからの端末到着に2日間、返却に2日間かかったと仮定すると、実質無料レンタルできるのは11日間ということになります。

15日間すべて無料レンタルが可能というものではないことをあらかじめ覚えておきましょう。

契約するならGMOとくとくBBがおすすめ

GMO WiMAX

Try WiMAXをお試し後、実際にWiMAXを本契約する場合はプロバイダとの契約が必要になります。プロバイダは複数社が提供しており、契約するプロバイダによっても料金プランやキャッシュバック特典なども大きく異なります。

数あるプロバイダのなかでも特におすすめなのが、「GMOとくとくBB」です。キャッシュバック特典が高額で、安心して利用できるプロバイダのひとつです。

Try WiMAXの端末と一緒に新規本契約の広告が封入されていますが、キャンペーン特典を最大限に活用するのであれば広告からの加入よりも、各プロバイダのホームページから申し込んだほうがお得といえるでしょう。

端末を紛失・破損すると代金が請求される

最後のポイントとして挙げられるのが、端末の紛失や故障についてです。当然のことながらWiMAXの本体端末を紛失したり破損したりすると、弁済金の対象となります。弁済金は20,000円以上と高額のため、取り扱いには十分注意しなければなりません。

できるだけ外ではカバンの中に入れた状態で持ち運び、固い床面やアスファルトに落下させないように気をつけましょう。

Try WiMAXの口コミ・評判

Try WiMAXを実際に試したユーザーの中には、自宅の光回線よりも高速だという方もいるようです。光回線=速いというイメージですが、集合住宅等では条件によってそれほど高速ではないケースもあり得ます。

実際にWiMAXを利用しているユーザーからは、エリア内であっても不安定なケースがあるため、Try WiMAXでのお試しは必須という声も少なくありません。そして、やはり多くのユーザーがGMOとくとくBBをおすすめプロバイダとして挙げるケースが多いです。

Try WiMAXに実際に申し込んだユーザーの中には、申し込みから到着まで約3日かかったという声もありました。住んでいる場所や申込み手続きを行った時間帯にもよって変わりますが、やはり余裕をもってスケジュールを組んだほうが良さそうです。

WiMAXに興味があるならTry WiMAXでお試しできる

コールセンター

契約後のキャンセルが難しいWiMAXだからこそ、契約前の入念な下調べは重要なポイントです。しかし、実際の使い心地やサービスエリア状況、そして通信速度などは実際に使ってみないと分かりづらいもの。

WiMAXの契約前の不安を少しでも解消し、契約後のトラブル発生を避けるためにも、ぜひTry WiMAXを利用してお試しいただけると幸いです。

また、WiMAXの本契約を検討する際には、プロバイダ選びの参考としてWiMAX比較記事も読んでみてください。

GMOとくとくBB 1

WiMAXのプロバイダは他にも数多くありますが、GMOとくとくBBはそのなかでも特に人気の高いプロバイダです。 数あるプロバイダのなかで、なぜGMOとくとくBBは人気が高いのでしょうか。今回は、GMO ...

Broad WiMAX 2

数あるWiMAXプロバイダのなかでも、月額料金の安さが魅力の「Broad WiMAX」 他社プロバイダと比べてどのようなメリットがあるのか、反対にデメリットとして考えられることはないのでしょうか。 今 ...

no image 3

WiMAXを利用するうえで必要不可欠なプロバイダ。 一口にプロバイダといってもさまざまな事業者が存在し、それら全てを網羅して比較することは簡単ではありませんよね。 そこで今回は、特に人気のプロバイダ7 ...

-WiMAX契約前の知識

Copyright© ポケモバ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.